りふれいんの苦い甘味処

りふれいんの苦い甘味処

趣味の話 他人から見たら甘く苦い内容 完全自己満足日記

「アニメ」2018年秋アニメ感想 part2

こんにちは。

 

 

りふれいんです。

 

 

 

前回に引き続き、秋アニメの感想を書いていきます。

 

 

前回はこちら↓

itam1113.hatenablog.com

 

今回は残りの

・ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。

やがて君になる

寄宿学校のジュリエット

・色づく世界の明日から

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

ソードアート・オンライン アリシゼーション

ゴブリンスレイヤー

・RELEASE THE SPYCE

・SSSS.GRIDMAN

から青ブタを除いた8本になります。

(順番は違います。)

 

気になっている方やこれから観るか迷っている人が参考になるように、内容や結末等のネタバレは控えるつもりですが、感想ということでそれっぽい事を書いてしまうかもしれませんし、ネタバレと感じてしまう方もいるかもしれませんので、不安な方はブラウザバックでお願いします。

 

1,2行とか少ない感想もあるとは思いますが、少ないからといってつまらなかったと言う訳ではないですからね!!!!!!!!!!!!

(part1のやつそのまま)

 

 

 

 

寄宿学校のジュリエット

 かなり良い感じで終わりましたね。

 

女子キャラが凄く可愛くて、手李亞と蓮季、静香の3強でした。

たまに、「はすき」が「はづき」に聞こえるのは私だけですかねw

2期やっても全然問題はなさそうですが、全ては売り上げ次第でしょうか・・・

 

ソードアート・オンライン アリシゼーション

最初は、特に楽しみという訳ではなく、春アニメだったかのGGOと映画以外は観ていたのでなんとなく観てみる事にしました。

 

1話から面白く、どこかの話で「ソウル・トランスレーション」という言葉が出てきて、アクセルワールドに通ずるものがあったりして、毎話楽しく観ていました。

 

しかも4クールという大ボリューム。

まだわかりませんが、恐らく2クールやって1クール空けてから2クールやるのではないでしょうか。

 

12話に坂本真綾さんが出てきて歓喜しました。

 

RELEASE THE SPYCE

最初から最後まで面白く、10話からの展開は盛り上がりました。

スパイは嘘を吐くものってセリフが重要になってましたね。

作中では説明されていませんが、伏線が何個かあったので注目して観るといいかもしれません。

12話の終わり方綺麗でしたね。2期できる終わり方だとは思いますが、こちらも売り上げ次第なのでしょうか・・・

やってほしいですね。

 

来年春にソシャゲが開始されるみたいなので楽しみです。

 

因みに、推しキャラはカマリです。

 

SSSS.GRIDMAN

観るつもりはなかったんですが、twitterで六花のイラストが盛り上がっていて可愛かったので観るかぁといった感じで観始めましたw

毎回続きが気になる終わり方で、12話の最後は中々観ない演出でした。全体的に観ていて所々気になる点がありましたが、考察サイトの方を見たら色々とスッキリできました。

考察が好きな人にはおすすめできるとは思いますが、ロボット系アニメなので苦手な人が多いかなぁと。。。

私の周りは大抵受け付けない人が多いので、苦手な人が多いのではないかという印象になってますw

 

バトルシーンを観ていて、グレンラガンを思い出しました。

 

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。

最初から最後まで、モフみが凄い癒しアニメでした。

私は、毎回最初に流れる曲が好きでしたねw

opが三パシさんだったり、音楽関係に分島さんと千葉さんが関わっていたり。私の好きな方達なので嬉しい。

 

やがて君になる

終始ニヤニヤしながら観ていましたw

1話を観た時にエンドロールで流れたopに凄い惹かれたのを覚えています。

2話で確かedが流れたのかな?edも凄く好きで、一時期pcをつけている間ずっと聴いている時がありました(盛っていませんw)

背景やキャラデザもとても綺麗で、特に生徒会室周りの木や草の背景が好きです。

キャラクターの表情を見ると、場面ごとに複雑な表情をしていたりそういった所も注目して観ると面白いと思います。

 

やが君は原作を読む事を強く勧めますね。私は既に売ってしまっているので説得力はないかもしれませんが、非常に引き込まれるものがあります。

 

原作もそうですが、「やがて君になる 佐伯沙弥香について」も電撃文庫にて発売されています。私はまだ購入できていないのですが、青ブタを読み終わり次第考えますw

 

色づく世界の明日から

1話の花火が凄い綺麗だったのを覚えています。

最初はおばあちゃん強引だなぁwと思っていましたが、最終回のセリフを聞いているとそれだけ想いが強かったんだなぁとしみじみ。

「色」の変化が結構出てくるんですけど、最後の変化は2の意味で変化したりするので、そこも凄く良かったです。

魔法の描写も凄く綺麗でした。

基本的に、アニメはまとめて観るのが良いと思うんですけど、この作品もまとめて観るとより面白いだろうなぁと思いました。

 

最後のなないろのペンギンを見たときとか、主に最終回ではありますが、所々鳥肌を感じる場面があったり、全体的に感動することができる作品でした。

恋愛要素もあるので、好きな方は是非。

 

エンドロールのSpecial Thanks表記がもう、こちらこそ素晴らしい作品をありがとうって感じでしたw

 

ゴブリンスレイヤー

つまらなくはなかったんですが、人におすすめできるか考えるとおすすめはできませんねw

というのも、1話から11話くらいまで?ひたすらゴブリン倒してるくらいしか印象に残っていないんですよねwタイトルがタイトルなのでそうなってもおかしくはないんですけど。

 

12.13話は漫画で好きな話だったのでここまで見る事ができて良かったです。

 

漫画と比べればショッキングな描写は少なかったと思いますが、アニメも割りと出てきました。

 

 

 

まとめ

 ということで、青ブタを除いた16本の感想を書き終えました。

ものによってはネタバレを気にして感想らしい感想を書けた気がしていないものがいくつかあります。。。

青ブタは今から最終回を観て、今日明日には更新しようと思います。

 

夏アニメと比べると2倍近くの作品を観る事ができましたし、複数観たからだとは思いますが、いわゆる豊作だったのではないかと思います。

 

今期も途中まで観ていた作品がありましたが、今回は書きません。

 

 

今回はこの辺で。

 

 

 

それではまた

次の更新で。。。